RunningCoach YukiYamada

記事詳細
Item Review

当サイトはAmazonアソシエイト・アフィリエイト広告を利用しています。

【レビュー】NBFreshFoamX1080v13(フレッシュフォーム)はジョグ用シューズの神となるのか?

今回はNBから新たに発売された

「Fresh Foam X 1080 v13(フレッシュフォームエックステンエイティ)」を

徹底レビューします。

 

今回の記事の要点まとめ

・ミッドソールはフカフカの柔らか系

・その為「ゆっくりジョグ」では使い勝手が良い

・スーパーコンプというNBのシューズとは使い分けが明確

・その他メーカーのふかふか系ジョグシューズとも比較

 

 

皆さんの無駄な買い物にならないよう詳しく解説します。

ぜひ最後までお読みください。

 

▼動画でも簡潔に解説▼

 

フレッシュフォームv13の使用用途

このシューズの使用用途は「リカバリーラン」「ゆっくりジョギング」となります。

よほどのことがない限りマラソンのレース用シューズとはなりません。

また、ジョギングの中でも調子を上げるために

少しペースを上げるような「快調走」というジョグもありますが、

こちらにも他のシューズの方が良いと思います。

 

ジョグは2種類【できるだけゆっくりorテンポ良く】

 

筆者の中では、

ジョギングをする際にシューズに求めるものは

2つあって、その時々にシューズを使い分けしています。

 

①ほんっとにゆっくり走りたい時

②疲労も感じないしテンポ良く走りたい時

 

この二つです。

それぞれで履きたいシューズが異なります。

 

①ほんっとにゆっくり走りたい時

40km走をした翌日や、

ポイント練習を行なった翌日は、

身体の疲労を感じますし、

筋肉痛が起きていることも多くあります。

 

記録を狙うランナーの多くは

筋肉痛の中でもジョギングを行います。

練習はつないで行う必要があるので、

可能ならとてもゆっくりでもいいので走りたいのです。

 

線でつなぐ

全く走らずに完全休養をするのが

一番、疲労は回復するのですが、

マラソンや長距離で記録を狙っていくには

ジョギング程度なら走っても

疲労回復できる、いわゆるリカバリージョグを

行う必要があります。

 

そんな時に反発をもらえるシューズは逆効果です。

ゆっくり走りたいのに、ゆっくり走れないシューズは相性が悪いのは明白です。

筆者はこういった「ゆっくり走るジョグ」の時には、

クッションがふかふかで柔らかいシューズを選びたくなります。

 

②疲労も感じないしテンポ良く走りたい時

 

前回のポイント練習から日が経ち、疲労もない。

次のポイント前に少しジョグの質を上げていきたい。

そんな時のジョギングでは、ゆっくり走るというよりは

心地よい中でペースが自然と上がっていくのが理想です。

できるだけゆっくり走るのではなく、

心地よい範囲でペースアップしていくように走りたいのです。

こういった「快調走」の時には、

クッションのふかふか感よりも推進力を感じるシューズを選びたくなります。

 

同じNBのシューズで言えば、

「The FuelCell SuperComp Trainer(フューエルセルスーパーコンプトレーナー) 」

シリーズの方が合っていると思います。

 

 

Fresh Foam X 1080 v13は【ゆっくり走れる】ふかふかシューズ

実際に履いてみた使用感ですが、

FreshFoam X1080v13はゆっくり走る時に使いたくなるようなシューズでした。

ふかふかのクッションですので、

走っていて楽しさすら感じることができます。

しかし逆を言えば、

②の用途としては役不足かもしれません。

その場合は、他のシューズを選択する方が合理的でしょう。

テンポ良く走りたい時にはテンポ良く走れるシューズを選ぶ方が良いです。

 

商品詳細

商品名:Fresh Foam X 1080 v13

Fresh Foam X 1080 v13(フレッシュフォームエックステンエイティ)

 

サイズ感:マイサイズの26.5cm

筆者は26.5cmを着用。

マイサイズ通りとなります。

サイズ感はややゆとりのある前足部分。

ただ、公式での案内を見ても

リラックスして履くようにゆとりを持っているので

このサイズ感で問題ありませんでした。

 

価格:18,700円

価格は18,700円と相場感で言えば普通でしょうか。

 

Amazonでは定価よりも安く購入できます。

15000円以内で購入できれば性能的にも

とてもコスパの良いシューズだと感じます。

 

ミッドソール:フレッシュフレッシュフォームX

ミッドソールには「フレッシュフォームx」を使用。

NBフレッシュフレッシュフォームXは、

ソフトな履き心地と耐久性を備えたNB独自のミッドソール素材です。

 

 

デザインかと思われた、このクッションのが

ハニカム構造となり、

とても柔らかいクッション感を生み出しています。

潰れたこのクッションは元の形状に戻ろうと反発を生み出します。

 

このようにただ柔らかく着地衝撃を受け止めるだけでなく、

しっかりとエネルギーリターンを推進方向に変えているのがわかります。

 

結論として、

ジョギングシューズとしての完成度はとても高いと思われます。

 

 

ゲルニンバス25との違いは?

 

気になるのは他のジョギング用シューズと比較してどう違いがあるのかという点かと思います。

アシックスのゲルニンバス25、シューズの性能が近いと思います。

どのように違うのでしょうか。

 

 

結論で言えば、

・ジョグシューズも軽いものが好きなら「フレッシュフォーム1080」

・より厚いクッションを求めるなら「ゲルニンバス25」

・デザイン性は個人の感想ですが、「フレッシュフォーム1080」かな

 

 

両方とも26.5cm。

重さはNBフレッシュフォームx1080の方が約20gほど軽い。

 

 

厚さはゲルニンバスの方が5cmとクッションのボリュームは圧勝。

厚さ5cmはなかなか他のシューズにはない厚さ。

 

使用感は、ほぼ一緒ですのであとはフィット感など

好きなメーカーのものを選ぶのが良いと思います。

 

個人的にはNBの青のデザイン性が好きなので

どちらも持っていなく1足を選ぶなら…

今現時点なら、遠征時のカジュアルシューズとしても使いたいシューズが欲しいので

NBのフレッシュフォーム1080の

ライトブルーを選ぶかなと思います。

 

また、価格面の優劣もコスパという面では大事になってきます。

その点で言っても、両者はけっこう近いものがあります。

asicsゲルニンバス:19800円

NB フレッシュフォーム1080v13:18700円

 

定価ではほぼ同価格。

アマゾンでセール状況次第ですが、

調べてみた感じ、23年11月現在は

NBの方がセール価格込みで見るとやや安くコスパがいいと言えそうです。

 

 

▼ゲルニンバス25のレビューはこちら▼

【レビュー】ゲルニンバス25を実際に履いて感じること

 

その他の投稿