RunningCoach YukiYamada

記事詳細
Report

【22年度版最新】大阪マラソン2023徹底攻略

大阪マラソン2023のエントリーが8月5日(金)より開始となりました!

どのような大会なのか、魅力的な部分、またコースの特性などをこちらの記事でまとめ、

参加ランナーの役に立てればと思います!

このブログの根拠
中の人プロフィール:高校時代陸上部(目立つ成績はありません泣)からブランク10年
フルマラソン:未経験➡︎2時間17分台
5000m:14分27秒、10000m29分52秒
全ての記録をセルフコーチング
大阪マラソン2022エリート部門出場
Twitter➡︎➡︎こちら 

2020年大会(11月29日)はコロナ禍により大会が中止、

2022年大会(2月17日)は大阪府の医療体制のひっ迫から一般ランナー部門の実施が中止となっていましたので

今大会、定員以上の応募が予想されます、参加を検討される方はクリック合戦へ挑みましょう

大阪マラソン2023基本情報

  • 開催日 : 2023年2月26日(日)
  • 開始時間:9時15分〜/マラソン第1ウェーブスタート、以降順次スタート
  • コース  :大阪府庁前をスタートし、大阪城公園内をフィニッシュとする大阪マラソンコース(日本陸連/WA/AIMS公認コース)
  • 制限時間:7時間以内での完走
  • 定員.       :32000人
  • 申込区分(一部抜粋):
       一般ランナー28620人
       市民アスリート:1500人(8/5日執筆時、満員のため申込締切)
       応援ランナー:800人
       チャリティランナー:1000人
       エリートランナー:詳細不明(公式HPにはエリートランナーという文言はあり)

エリートランナーについてはこちらのページをご覧ください
(びわ湖まいにちマラソン統合大会(2022)について)

多くのランナーさんは一般ランナーの枠となると思うので8月5日(金)からの申込となります

そんな大阪マラソンですが、前回大会筆者も参加してきてとてもいい大会だったなと思いました!

ぜひおすすめしたい大会、その楽しさや攻略情報を深掘りしていきたいと思います!

著者
コースの特性もお話ししますのでコースの把握をしてレースに臨みましょう

 

その前に…マラソンレースの準備はお済みですか?エネルギージェル等は体との相性もありますので
今のうちから試しておくことをおすすめします

 

 

大阪マラソン2022目線カメラほぼノーカット

※大阪マラソンコースを目線カメラで撮影しております、コースの予習にも使っていただけると思います

 

大阪マラソン難所

大阪マラソン難所①折り返しの多いコース

動画(45:52あたり)のようなUターン状の折り返しが5つあります

Uターン状の折り返しではスピードが一度ゼロになりますので多くなればなるほど走りにくいコースとなります

走りやすいと言われる「東京マラソン」は3つ、

日本記録の出た「びわ湖マラソン」は1つなので

たしかに大阪マラソンの5回のUターン回数は多いかなと思います

大阪マラソン難所②30km移行の激坂

30km前後に20mほどの登り、31km〜35kmで登り降りがあります

30kmというマラソンにおける一番きつい局面で今コースの一番の難所が訪れます

まさに「 30kmの壁」ですねw

では、大阪マラソンを攻略するには…

大阪マラソン攻略法

①後半BU型のレースプラン

「前半突っ込みスタイル」では後半失速した場合、相当しんどいレースに

なることが予想されます

Uターンも多い為スピードは乗りにくいのもあり、前半から貯金を稼ぐスタイルもスピードが乗らない為

想定ほど貯金は稼げず、コース的には相性が悪いでしょう

他のマラソン以上に、とにかく余裕を持たせたペースでレースは進めていくべきでしょう

 

では大阪マラソンの楽しい面を深掘りしていきます

②スライドを楽しむ

大阪マラソン楽しさ情報:スライドが多くたくさん応援してもらえる

Uターンでの他ランナーとのすれ違いが多い

これは上で書いた折り返しが多いコースの特徴を逆に良く捉えた考えです

Uターンが多いということはスライドでたくさんのランナーさんから声援をもらう(送る)ことができます

これは大きな楽しさです、大規模マラソン大会の醍醐味です!

さらに大阪マラソンはMGC等の世界大会代表選出も絡む競技会ですので

トップ選手の走りを間近で見ることができるのもいいところですよね

以上、大阪マラソンの攻略方法や魅力を書いてきました!

大阪マラソン2023走られる方はぜひ参考にしてみてください

それでは大阪マラソンへ、頑張って「いってらっしゃい!」

その他の投稿