RunningCoach YukiYamada

記事詳細
Report

当サイトはAmazonアソシエイト・アフィリエイト広告を利用しています。

湘南国際マラソン2022エントリー開始!良いところ悪いところ

こんにちは!中の人です! 
今回の記事は湘南国際マラソンってどんな大会なのか、また出場する際の注意点を書いていきたいと思います
中の人は、2018年・2019年と出走し2019年大会は優勝していますので
そういった観点からもおすすめできるポイントをお伝えできるかなと思います!

おすすめポイント①コースがいい

めちゃいいです!!
走りやすさのポイントは高低差•風•折り返し回数が上げられるのですが…
●高低差は約10m 体感ですがほぼ坂のないフラットコースと思っていいと思います
●風 湘南の風は吹き付けるかと思われがちですが、実際走ってみるとそんなことはないです!
●折り返し回数 2回のみです!コースも海岸沿いのほぼ直線なコースです

●非日常なバイパスを走れる

おすすめポイント②参加費が少し安くなった

参加費は14000円となっております
去年はエントリー費15000円+検査台3000円で18000円となっており中々高いエントリー費だったんですよね
これはさすがに高すぎる笑

参考までに…
徳島マラソンは14000円
長野マラソンは14300円
富士山マラソンは14500円
東京マラソンは16500円
こうやってみるとエントリー費高額ですね…w
15000円が安い高いのボーダーラインになりそうですね!

でも今年は検査代をなくして、
さらにエントリー費も1000円抑えて14000円となりました!
これで一気に参加しやすくはなったのかなと思います!

おすすめポイント③協賛が豪華

副賞が豪華なんです!
前回開催時の協賛は超豪華でした!詳細はこちらをご覧ください
(リンクは私が優勝した時の副賞を紹介している動画です)
今年の大スポンサーはGPSウォッチのGarmin、ザノースフェイスも取り扱うゴールドウィンがスポンサーとなっております笑
 

こんな素晴らしい大会にも残念な点もあります…

いいところばかりではなく何度も出たことのある私が感じる悪いところもいくつか書いておき、
参加有無の検討材料にしていただければなと思います!

残念な点①開催日時が悪い

開催日は12月の第一日曜日となっております
同日開催は福岡国際マラソン
前週には大人気の富士山マラソン
2週間後には防府読売マラソン
などがあり走ってみたい大会とのバッティングが激しいです笑

残念な点②記録は非公認

公認記録にはなりません!
もしあなたが福岡国際マラソンや東京マラソンエリートなどの
出場申込時に申請タイムが必要なレースを狙っている場合
湘南国際マラソンで記録を作っても記録としては認められませんので注意です!

残念な点③マイボトル持参

湘南国際マラソンではマイボトル持参をニュースタンダートにされるようです
ボトルを持参して給水所着いたら自分でボトルに注いで飲むと…
いい意味では革新的、なんでしょうか笑
昨今のゴミ問題やSDGSなどの観点から去年の開催要項から取り入れられています。
1秒を削り出すような競技としてみたらこれは残念な点ですが
個人的には1秒を削るようなタイムは公認コースで狙うし、
マイボトルに関してはみんな条件同じなのでまあまあまあって感じですかね笑
でもそしたらこの大会出なくて良くね?ってなりますね笑

まとめ

以上良い点悪い点をいくつか上げてみました!
マラソンレースは1年に何度も出場するような競技ではないと思います
出場検討されている方は熟読して頂き、
大事な1年を棒に振らないようにして頂きたいと思います!

その他の投稿